ストレスの少ない中学受験専門家庭教師

[中学受験]過去問の解答用紙は実寸大コピーしないとヤバい!

2019/11/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -

中学受験をする6年生は、過去問に取り組んでいきます。

その際に解答用紙を使いますが、市販されている過去問集の解答用紙は基本的に縮小されています。

そこで、実寸大でコピーするように言われたことがある方も多いでしょう。

一枚だけではなく何枚も、それも10回、20回とコピーすると、かなりの手間になりますよね。

「拡大しなくてもいいんじゃないか。」「面倒だからノートにやらせよう。」などと思ったことがある方も多いでしょう。

しかし、解答用紙は、絶対に実寸大にコピーして欲しいです。

なぜ実寸大にコピーすべきか、どのようにコピーするか、について述べていきます。

この記事の主な対象

  • 「過去問の解答用紙をコピーするのが面倒だから、実寸大じゃなくてもいいかな?」という方
  • 「過去問の解答用紙って、そのままのサイズでコピーすれば良いんじゃいの?」という方
  • 「ノートに解くのも、コピーした解答用紙に解くのも同じじゃない?」という方
  • 「6年生になったら過去問を解くけど、親はどう関わっていくんだろうか」という方

過去問の解答用紙は実寸大コピーしないとヤバい!

過去問の解答用紙は、基本的に縮小されています。

記号問題や、文字数が指定されている問題では、実寸大でなくてもそこまで大きな問題はありません。

しかし、字数指定や行数指定のない記述問題では、実寸大コピーしないと困ることが起きます

例えば、以下の様な解答欄があったとします。

白紙の解答用紙

拡大せずにコピーして、例えば「積極的に伝えること」と記入してみると、以下の様になります。

記入済みの解答用紙

「ちょうど収まって良かった」という気がしますね

では、実寸大にコピーすると、どうなるでしょうか

拡大コピーした解答欄に、先ほどの 「積極的に伝えること」 を合わせてみます。

文字の大きさを変えないと、 スカスカになってしまいます。

スカスカということは、解答が短すぎるということになります。

実寸大にコピーしないと、どの程度の長さの解答が予定されているかが分かりまません。

記述問題だけでなく、算数で途中式を書く問題でも、実寸大コピーをしないと、どの程度かけるかが分かりません。

解答用紙をコピーするのは、手間はかかります。

しかし、実寸大コピーをしないと、過去問演習の効果が小さくなってしまいます。

過去問の解答用紙は、絶対に実寸大でコピーして欲しいです。

どのようにコピーするか

結論としては、プリンター・複合機を利用するのがベストです。

解答用紙をコピーするのは、かなりの手間になります。

繰り返し解く場合は、問題用紙をコピーすることもあるでしょうし、コピーの回数も増えます。

一台持っておくと、ご自宅で好きな時にいつでも印刷できるので、かなり楽になります。

もちろん中学入学後も役立てる機会があるでしょうし、反対に、小5の時点でもテキストのコピーなどに活用することもできます。

働いているお母様やお父様が、仕事の行き返りにコンビニやスーパーでコピーする手間がなくなれば、ストレスもかなり減るのではないでしょうか。

お仕事で忙しくて夜遅く帰宅して、朝はお弁当を作るという、バタバタした生活をしている方には特におすすめです。

プリンター・不合機のおかげで空いた時間で、お茶でも飲んでゆっくりしましょう。

解答用紙をコピーするには、A3サイズのプリンター・複合機が理想的です。

A3サイズであれば、大抵の解答用紙は実寸大でコピーできます。

しかし、A3サイズのプリンター・複合機はかさばります

また、価格も高めになってしまいます。

A4サイズのプリンター・複合機を利用するのも一つの方法でしょう。

A3サイズよりもコンパクトですし、価格も低めです。

ところが、A4サイズのプリンター・複合機だと、解答用紙を実寸大でコピーするのは難しいです。

A4の用紙2枚に分割して印刷することや、コンビニなどでのコピーと併用する方法もあります。。

プリンター・複合機は、ブラザーの製品がおすすめです。

ブラザーは、元々FAXなどを製造していたので、黒インクの印刷がきれいにできます

過去問の解答用紙は基本的に白黒ですから、黒インクがきれいなブラザーが最適だと思います。

ブラザーでは、FAXの機能も付いている複合機も充実しています。

私も、大学生の頃から10年以上、ブラザーの複合機を愛用しています(2019年時点で3台目を利用しております)。

大学生になってからのレポートも白黒のことが多いので、ブラザーの複合機を末永く使うことができます。

大学生になったころまでに買い替えることになったとしても、インクはそのまま使えるという安心感もあります。

プリンター・複合機をどのように買うかを迷われる方もいらっしゃるでしょう。

インターネットで買うと、探すのも楽ですし、運ぶ手間もないので便利です。

プリンター・複合機は、重いですし、かさばりますからね。

価格も、店頭で買うよりお得なことが多いです。

しかも、2020年1月5日までに対象製品を購入すると、最大3,000円がキャッシュバックされるキャンペーンが実施されています。

2020年6月までのキャッシュレスの5%ポイント還元もあるので、とてもお得に購入できます。

キャッシュバックには、購入に加えて、申し込みが必要ですので、詳しくは Amazonにアクセスしてください。

ブラザーのプリンター・複合機といっても、種類がいくつもあります。

選び方が難しいという方もいらっしゃるでしょうから、いくつか取り上げます。

まずは、A3サイズのものです。こちらは、FAX機能も付いて価格は約3万円です。

A4サイズであれば、FAX機能がない製品が、約1.5万円です。

まとめ

過去問の解答用紙は、絶対に実寸大でコピーして欲しいです。

解答欄にどの程度の量を書けばよいかを把握するためです。

しかし、印刷はかなりの手間がかかります。

何度も何度もコンビニやスーパーに行くことになると面倒です。

一家に一台、プリンター・複合機を所有しておくのがおすすめです。

プリンター・複合機を買う場合は、特にブラザー製品がおすすめです。

黒インクがきれいに印刷できるからです。

インターネットで買うと、便利に、お得に買うことができます。

是非検討してみてはいかがでしょうか。

お読みいただき、ありがとうございます。
中学受験のことでお悩みでしたらブログやメールでお答えします。
お気軽にご質問ください。

  5mail

 
ブログランキング参加中です。
クリックしていただけると、励みになります。

中学校受験ランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

TwitterのDMなどでもご質問を受け付けています。
フォローしていただけると幸いです。

お問い合わせは以下のフォームもご利用ください。
メールでの学習相談は無料で行っております。
基本的に24時間以内に回答いたします。

「合格だけでは、満足できない」 西湘レーラー

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA