不安を解消する中学受験パートナー・西湘レーラーのブログ

申し込み殺到の一万円選書に当選!本が届きました!私の読書遍歴は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

皆さんは、「一万円選書」というのをご存じでしょうか。

ご存じない方も多いかもしれません。

私も、つい数か月前まで知りませんでした。

しかし、一万円選書を知ると、すぐに申し込むことを決断しました。

一万円選書は、人気ということもあり、申込期間が限定されています。

私が一万円選書を知ったのが、たまたま申込期間の直前だというのも大きかったです。

一万円選書は人気のサービスなので、申し込むだけで利用することはできません。

そこから抽選によって幸運にも当選した人だけが、サービスを受けることができます。

私も、幸運にも当選することができました。

そして、届いた本がこちらです。

大量に届いたので、まだ全く読めていませんが、少しずつ読んでいきたいと考えています。

一万円選書の当選というのは、私にとってはとても大きな出来事です。

そこで、一万円選書とは何か、なぜ一万円選書を申し込んだのか、私の読書との向き合い方について述べていきます。

一万円選書とは何か

一万円選書とは、いわた書店さんが実施しているサービスです。

いわた書店さんの評判を受けて、他の書店などでも実施しているようですが、いわた書店さんがパイオニアです。

一万円選書とは、読んで字のごとく、およそ一万円相当の本を選んでいただくサービスのことです。

一万円相当の本をランダムに選ぶわけではありません。

プロフィールや、読書経験などを元に、その人に合う本を一人一人に考えて選んでいただくサービスです

しかも、費用は書籍代と送料だけで、選書のサービス料はかからないというお得なサービスです。

私は、本を読む機会が比較的多い方だとは思いますが、どうしても自分で本を探すと偏ってしまいます。

インターネット上で本を探すと、有名な本ばかりが目についてしまいます。

あるいは、自分が入力したキーワードで引っかかった本ばかりが目についてしまいます。

しかし、世の中には数多の本があり、私が出会えていない本の中にも、本当は私に合う本が多くあるかもしれません

本は、インターネットだけでなく、もちろん書店でも購入できます。

書店で本を探すと、いくつもの本がずらっと並んでいます。

仮に目当ての本があったとしても、近くにある本も必ず目に入ります。

特定のジャンルの本を探そうと思えば、そのジャンルの本が多く目に入ります。

そうすると、知らなった素敵な本に出会うことがあります。

書店には「本との出会い」という魅力があるので、私は時々書店にも足を運んで本を買います。

実際に書店で出会った本を衝動買いしたことも何度もあります。

そして、衝動買いした本を読んでみると、素敵な本ばかりなんです。

それでも、本との出会いには限界があります。

例えば、書店に行っても、特定のコーナーばかりに行くということはあります。

他のコーナーに素敵な本があっても、出会うことがないというわけです。

読みたい本はいくつもありますが、私が出会ってない本にも素敵な本がいくつもあるはずです。

私が出会えてない素敵な本を勧めてくれるサービスが「一万円選書」だと思いました

これが、一万円選書を申し込んだ理由です。

一万円選書に当選してからも、作業があります。

「カルテ」に、私が読んできた本や、私のプロフィールなどを入力して、送ります

そして、「カルテ」をご覧いただいたうえで、本を選んでいただきました。

これから少しずつ読んでいくことになるが、とても楽しみにしています。

中には、自分には合わない本もあるかもしれませんが、それも含めて楽しみたいです。

普段なら絶対に買わなかった本ばかりです。

後述するように、私は普段は一切小説を読みませんからね。

私の読書遍歴

私は、小学生の頃はとにかく本を読みませんでした

本を読むことが中学受験に役立つかは、様々な考え方がありますが、私の親は本を読ませようとました。

それでも、私は本を読みませんでした。

読む本といえば、算数図鑑などでしたね。

本を読まないのは、中学生になっても、高校生になっても続きました。

とにかく本を読むのは苦手だったんです。

ところが、大学生になると、本が気軽に手に入る環境になりました。

大学生協で、大量の本を売っているんです。

せっかく利用できるのだからと思って、本の売り場に寄ってみたのが本を読むようになったきっかけです。

本の売り場に行くと、私にとって興味深い本が多く並んでいました。

試しに本を買って読んでみたら、とても面白いんです

どんどん読むことができました。

それまでは本を読むのが苦手だと思い込んでいましたが、単に自分に合う本を探していなかっただけだと気付きました。

もったいないことをしたと思ったが、仕方ありません。

大学生の頃は、大学生協に行って面白そうな本を探すことを繰り返しました。

魅力的な本は多くあり、いつも10冊近い本を抱えてレジに向かいました

そうして、毎年100冊程度読む生活をしていました

読む本のジャンルは、野球や鉄道、旅行、航空などの趣味関連の本が多かったです。

その他にも、経済、政治、法律、実用書など、様々な本を読みました。

しかし、小説は一切読まなかったんです

小説は、読んでみたいと思ったことがないので、ほとんど読んだ経験がありません。

そして、今では、仕事に役立つようなビジネス関連の本をよく読んでいます。

小説は、単なる読まず嫌いかもしれません。

せっかく一万円選書で小説を多く選んでいただいたので、読んでいきたいと考えています。

もしかしたら小説も好きになるかもしれませんしね。

読書が苦手な子は、まずは本を与えるのではなく、書店などに行くのも良いと思います。

趣味のコーナーなどで、興味を持つ本を探すことから見つかるかもしれません。

お読みいただき、ありがとうございます。

「購読する」ボタンからPUSH通知を受け取ることができます。


中学受験のことでお悩みでしたらブログやメールでお答えします。
基本的に24時間以内に回答いたします。
お気軽にご質問ください。

  5mail

 
ブログランキング参加中です。
クリックしていただけると、励みになります。

中学校受験ランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

TwitterのDMなどでもご質問を受け付けています。フォローしていただけると幸いです。
5mail

 

お問い合わせは以下のフォームもご利用ください。

「合格だけでは、満足できない」 西湘レーラー

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 中学受験クルージング , 2020 All Rights Reserved.